トップ

二次会幹事を完璧に

二次会幹事がすべきこととは

二次会の幹事の仕事内容とは

結婚が決まった知人から二次会の幹事をお願いされた時、幹事経験のない人にとっては、何から準備をすればいいかわからずに焦ってしまいますね。二次会は、結婚式を終えた新郎新婦を、披露宴よりももっと近くでお祝いできる会です。披露宴ほどかしこまった雰囲気はなくても、知人や友人が参加するお祝いの席ですから、抜かりなく準備を整えたいですね。幹事がすべき準備の内容はたくさんあります。

1.会場を押さえる 
2.進行や演出を考えて余興やあいさつをお願いする人に依頼する 
3.全体の進行を考えて予算を立てる 
4.二次会参加者の人数を把握する 
5.使用する小道具や景品の調達と使用機材の手配 
6.当日の進行係

大まかに考えてもこれらの準備をこなさなくてはなりません。これを幹事一人ですべて行うのは本当に骨の折れる作業です。そこで幹事をサポートしてくれる人にも声をかけて協力をお願いしましょう。社会人なら、その仕事や趣味を通じて
会場の手配は任せて。
音響機材ならそろえられるよ。
と、言ってくれる人もいるかもしれません。

全部を一人でやらねばと気負わずに、積極的にサポートしてくれる人に思い切ってお願いしましょう。二次会景品をお探しならこのサイトが参考になります。

しかし、お願いしたから丸投げ・・・ではいけません。景品や椅子の数、料理にお酒のメニューなどの確認に至るまで、キチンと事の進行状況を把握して、一つ一つの準備をクリアにしていくことが大切です。当日の準備を整えるための進行を考えるのも幹事の仕事です。準備段階の手順進行を作成しておくと、取りこぼしがなくスムーズに準備ができます。そして、式当日の進行もまた、同じく幹事が作成します。時間配分やあいさつの順番など、参加する人に配慮しながら楽しく過ごせる流れを考えるようにしましょう。